歯科でなおせるもの

子どもの歯ぎしりを治す

歯科で子供の歯ぎしりを指導

歯科は口腔の問題を対処してくれることで需要が多く、その利用目的も様々です。その中でも最近では子供の歯ぎしりを悩んで受診するという人もいます。その原因は様々ですが、その多くは咀嚼の仕方の問題があげられます。咀嚼の際、主に下顎を上下に動かして歯と歯ですり合わせて細かくします。しかし片方だけで噛むことが多いと自然とそっち側は成長していきますが、反対側は使う頻度が減ってしまいます。その結果、わずかながらも左右で航空機関の成長に差が生じてしまいます。それは結果として歯並びやかみ合わせにも影響する為、歯科で子供の歯ぎしりの相談をする人が増えています。

歯医者嫌いにならない歯科探し

大人でも歯科が怖くて嫌いという方が多くいます。子供だとほとんどの子が歯医者に行くのを嫌がります。ただ小さい子ほど虫歯になると大変です。虫歯は自然治癒する事はありません。そのうえ乳歯が虫歯になると永久歯に影響します。まずは、歯医者嫌いにならないようにしなければなりません。そのためには、無理やり治療をしない歯科を探す事をおすすめします。小さい子は、歯医者が怖くて治療にならないという事がよくあります。まずは子供の状態に合わせて、ゆっくり段階を踏んで治療を進めてくれる歯医者さんであることが大切です。それによりどんなに小さい子でも、自分1人で椅子に座って治療出来るようになります。また予防にも力を入れて指導をしてくれる事も重要です。ぜひ検討してみませんか。

新着情報

↑PAGE TOP